平成22年度  関西支部 講習会・見学会・セミナー終了分

関西支部の平成22年度の講習会・見学会・セミナー等の情報です。

平成22年度「建築積算基礎講座」のご案内

開催日:5月22・29日/ 6月5・12日 (土曜4日間)

参加人数 延人数82人(4日間)

日頃は当協会事業にご協力を頂きましてありがとうございます。
さて、本会では毎年開催し大変ご好評を頂いております建築技術者の為の建築積算基礎実技講習会「建築積算基礎講座」を下記の通り実施いたします。
「公共工事の積算に携る方」「専門工事施工者として見積業務に携る方」の研修に、また「基本から積算基準をとお考えの方」「改修・耐震工事積算の基本となる積算基準をとお考えの方」そして「新入社員の方」にと、色々な立場の方々にご参加をして頂ける内容となっております。
講習は経験豊かな関西支部専任講師により、基準の解説から実技までを分かりやすく講習をしていく形となっておりますので、ぜひ多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

講習会日 講義内容
第1回 5月22日(土) 総則・土工・地業・く体解説と実技 土工・山留 杭等
第2回 5月29日(土) く体・解説と実技 コンクリート・型枠・鉄筋
第3回 6月 5日(土) 仕上・解説と実技 仕上の計測・計算
第4回 6月12日(土) 仕上・実技 仕上の計測・計算
コース名 日程 受講料
Aコース(全コース) Bコース( 躯体 )+Cコース(仕上)全4日間 午前10時〜午後5時 会員:40,000円
一般:50,000円
Bコース( 躯体 ) 5月22日(土)・5月29日(土) 午前10時〜午後5時 会員:20,000円
一般:25,000円
Cコース( 仕上 ) 6月5日(土)・6月12日(土) 午前10時〜午後5時 会員:20,000円
一般:25,000円
テキスト:「建築数量積算基準・同解説」(平成18年版)@4,200円

注:テキスト代は受講料に含まれていませんので、テキストをご希望の方は受講料にテキスト代を添えて指定口座にお振込み下さい。

 積算協会 セミナー「合成樹脂系仕上材の基礎知」のご案内

開催日:7月8日

参加人数 28人 / BSIJ-CPDプログラム認定単位1.5

謹啓 貴社益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。平素より積算協会の活動に御理解と協力を 頂きましてありがたく厚く御礼申し上げます。 さて、今回は会員の皆様に『合成樹脂系仕上材の基礎知識』と題し、仕上材の種類と選定に ついてセミナーを開催したいと思います。合成樹脂系仕上材は1959年に日本の市場に初めて 発売され約半世紀が経ちました。その実績に基づき、合成樹脂の種類から選定方法、劣化原因 とその対応商品など、基礎知識を紹介しますので、是非ご参加いただき、今後の皆様の業務の 参考にして頂ければ幸いです。

日時 平成22年7月8日(木) 午後18時30分 〜 20時
会場 大阪府建築健保会館(5階)
担当 (株)エービーシー商会 西日本化成品事業部
技術アドバイザー  鈴木康二郎
セミナー内容 『合成樹脂系仕上材の基礎知識』
@合成樹脂系仕上材の種類
A合成樹脂系仕上材の選定
Bその他建材商品の紹介

「建築数量積算基準・同解説(平成18年版)」講習会のご案内

開催日:7月22日

参加人数 39人 / CPD:4単位

平素より(公社)日本建築積算協会関西支部の事業活動にご理解と、ご協力をいただきありがとうございます。さて今回、建築積算に携わる方々を対象として「建築数量積算基準・同解説(平成18年版) の重要ポイント講習会を企画いたしました。同解説の間違いやすい内容、忘れてはいけない問題点を集中的に講習する内容となっております。「役所工事」はもとより「民間工事」においても基本となる同解説の 理解をより正確に深めるため皆様のご参加をお願いします。

日時 平成22年7月22日(木) 午後1時 〜 5時
会場 大阪府建築健保会館(5階)
受講料 会員及び建築コスト管理士 5,000円
建築積算士(建築積算資格者) 7,000円
一般 8,000円

・「建築数量積算基準・同解説(平成18年版)」をテキストとして使用致しますので、同テキストを お持ちの方は講習会当日ご持参下さい。

・テキストをお持ちでない方は上記受講料のほかにテキスト代金が有償となりますので、受講料にテキスト代金4,200円を加算してお振込下さい。テキストは当日お渡し致します。

平成22年度「会員交流会」開催のお知らせ
匠と鵜が織りなす優美な世界/宇治川の鵜飼へのお誘い

開催日:9月10日(水)

参加人数 46人

吹く風が、夏の名残りと秋への誘いを感じさせてくれる夕暮れひと時、会員の皆様に優美な船遊びと、おいしい料理をいただきながら、川面 に映える松明と、鵜匠と鵜の絶妙の技を堪能して戴く「会員交流会」を企画致しました。

鵜飼観覧舟3艘を貸し切りで会員の皆様に提供いたしますが定員が60名となっていますので、参加申込み先着順にて 定員数に達し次第〆切とさせて頂きます。予めご了承をお願い致します。

日時 平成22年9月10(金) 受付6時 乗船6時30分 出船7時 (船中夕食)
内容 鵜飼舟遊覧 :20人乗り貸切舟3艘に分乗して船遊びをお楽しみいただきます
懇 親 会 :会員相互の交流とご歓談を、料理と一緒にお楽しみ下さい   
参加費 会員は無料ですがご同伴者は1名とさせていただき、
参加費として1,000円を 当日に現地受付でお預かりさせて頂きます。
参加定員 60名 (会員・ご同伴者を含む) になり次第締切とさせていただいます。
注:荒天候及び天ヶ瀬ダム放流による増水時には、鵜飼が中止になります。
中止の場合は、出来る限りの事前連絡を致しますが予めご承知下さい。

 「建築コスト管理」講習会のご案内

開催日:10月6日(水)

参加人数 29人 / BSIJ-CPDプログラム認定単位5.5

 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
また、日頃より当協会の事業活動にご理解、ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
建設産業は今、社会環境の変化に伴い構造変革を迫られてきており、マネージメントの専門能力が不可欠となってきております。特にコスト領域における川上(企画、構想)から川下(維持、保全)に至る建築生産の全課程において、「建築積算士」の有する技量をベースとした発注者や設計者等の関連業務を支援できる幅広い専門知識、積算協会ではこのような背景を受けて、建築コストを管理・把握し、発注者や設計者に対して適切な提言・助言が技術を身につけたコスト管理業務に携わる有能な人材が必要とされております。 
積算協会ではこのような背景を受けて、建築コストを管理・把握し、発注者や設計者に対して適切な提言・助言が 出来る業務を担う人材育成を目的に「建築コスト管理」ガイドブック」を発刊しております。今回、このテキストと別冊として工構法の変遷、FMなどに関連した関連法規の知識などを集録した「別冊テキスト」を使い、下記内容の講習会を開催致します。講習はテキストに沿ってパワーポイントで解説を致しますが、画面と同じものを資料として準備致します. 皆様の建築コスト管理業務に役立つものと確信致しておりますので、多数ご参加下さいますようお願い申し上げます。

日時 平成22年10月6日(水) 10:00 〜 16:30
会場 大阪府建築健保会館(5階)
講師 (公社)日本建築積算協会 関西支部   専任講師
受講料 会員及び建築コスト管理士 7,000円
建築積算士(建築積算資格者) 9,000円
一般 11,000円

(使用テキスト)・「建築コスト管理」ガイドブック販売価格 4,800円 (有償)
・受講者の方には「別冊テキスト」及びサブガイドブックをお渡しいたします。
・既に「建築コスト管理」ガイドブックを購入済みの方カタは、当日会場にご持参ください。

2011年に更新を迎える方のための、CPD単位取得について
<建築コスト管理士・CPD単位所得説明会>のご案内

開催日:10月26日(火)

参加人数 46人

建築コスト管理士の皆さまには、日頃より当協会の活動にご理解とご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
さて、2006年に「建築コスト管理士」を登録された方は、来年3月で5年間の有効期限が参ります。
登録更新の為には、来年3月までにCPD(継続能力開発)制度による単位取得が必要ですが、今までにコスト管理士の約30%の方が必要単位数をクリアされております。関西支部では更に一人でも多くの方に登録更新をしていただくために<建築コスト管理士・CPD単位取得説明会>を計画致しました。
説明会では、実際にインターネットでCPD制度にアクセスをし、プロジェクターでスクリーンに投影をしながら説明を致しますので、大変分かりやすくご理解いただけると考えております。 もう更新を止めようとか、とても単位数がクリア出来ないと思っておられる方も、是非今回のこの機会をご活用下さい。例えば実務実績と会誌「建築と積算」の購読5年分で160単位、更に専門図書での自己研修も年間で10単位になります。当日の説明会ではこの様な実例も含めて説明を致します
更新時期はあっという間に訪れます。皆様には是非この説明会にご出席下さいますようご案内致します。

日時 平成22年10月26(火) 午後1時30分開始 終了4時予定 (途中退席可)
会場 アークホテル大阪 3階「牡丹の間」大阪市中央区島之内1-19-18
参加会費 無 料

 京都開催・「建築数量積算基準・同解説(平成18年版)」講習会のご案内

開催日:11月17日

参加人数 30人/ CPD:4単位

>

平素より(公社)日本建築積算協会関西支部の事業活動にご理解と、ご協力をいただきありがとうございます。さて今回、建築積算に携わる方々を対象として「建築数量積算基準・同解説(平成18年版) の重要ポイント講習会を企画いたしました。同解説の間違いやすい内容、忘れてはいけない問題点を集中的に講習する内容となっております。「役所工事」はもとより「民間工事」においても基本となる同解説の 理解をより正確に深めるため皆様のご参加をお願いします。

日時 平成22年11月17日(木) 午後1時 〜 5時
会場 メルパルク京都
京都市下京区東洞院通七条下ル 東塩小路町676-13 (JR京都駅 3分)
受講料 会員及び建築コスト管理士 5,000円
建築積算士(建築積算資格者) 7,000円
一般 8,000円

・「建築数量積算基準・同解説(平成18年版)」をテキストとして使用致しますので、同テキストを お持ちの方は講習会当日ご持参下さい。

・テキストをお持ちでない方は上記受講料のほかにテキスト代金が有償となりますので、受講料にテキスト代金4,200円を加算してお振込下さい。テキストは当日お渡し致します。

 「自動ドアの工場とショールーム」見学会のご案内

開催日:12月2日

参加人数 13人

残暑厳しい夏も終り、秋の気配が感じられる今日この頃ですが、会員の皆様もご健勝の事と思います。
今回は「ナブコ自動ドアの製造元であるナブテスコ鰹Z環境カンパニー甲南工場とショールーム見学会」を実施します。

ナブテスコ甲南工場は敷地面積11,018m2、建物は延べ12,006m2、従業員約180名で 建築一般自動ドア、 産業用自動ドア(ゴミ投入扉)、プラットホームドア、ロスカドア、インテリジェント義足・介護用電動車椅子を取扱っております。又、ショールームは自動ドアの最新技術と時代のニーズを先取りした新商品及び販売情報をいち早く紹介し、わかり易く展示しております。この機会に多数ご参加頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

日時 平成22年 12月 2日(木) 現地集合:13:30 13:30〜15:30 (予定)
見学場所 ナブテスコ株式会社 甲南工場
神戸市東灘区魚崎浜町35番地
募集人数 定員 40名  (申込先着順締切り)
参加費用 無 料
 ナブテスコ株式会社 甲南工場

 若手技術者のための「山留工事の技術と概算コストに関する研修会」

開催日:平成23年1月20日(木)

参加人数 17人 / BSIJ−CPD(継続能力開発)制度 (2単位)

近年の積算技術者には、これまで以上に多くの情報とそれらを基礎知識としたコスト管理が求められ、実施設計段階での積算技術に加えプロジェクト初期段階でのより精度の高い概算コストの算出も期待されるようになってきました。積算協会関西支部では将来の積算(コスト管理)を担う若手技術者を対象に、対話形式での質疑応答、議論などを通じてより深く建築技術を理解したうえで、積算技術に生かしていただくことを期待し、若手の積算技術者のための研修会を企画しました。第1回目として当会賛助会員のヒロセ株式会社様にご協力をいただき、「山留工事の技術とコスト」をテーマに開催いたします。

若手技術者の皆様にはぜひ積極的なご参加をお願い致しますともに、指導的立場の方々には、この企画の主旨にご賛同いただき、若手技術者の参加にご協力下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

日時 平成23年1月20日(木)
会場 (社)日本建築積算協会関西支部 (8階会議室)
研修会内容 「山留工事の実際と概算の要点」
受講料 1,000円を当日会場にてお預かり致します。

 建築技術者のための「設備積算入門講座」のご案内」

開催日:平成23年2月24日(木)

参加人数 62人 / BSIJ−CPD(継続能力開発)制度 (1時間1単位)

日頃より当協会事業にご協力いただきまして、 ありがとうございます。さてこの度、建築積算技術者 の為の「設備積算入門講座」を下記の通り企画致しましたのでご案内致します。

 見積りをする場合、「建築担当者」と「設備担当者」に別れ、それぞれの分担の見積作業をする訳ですが、 どちらの担当者もお互いの見積内容を概ね理解しているように思われるでしょうが、「設備担当者」は建築 のことを大よそ理解しているのに比べ、意外にも「建築担当者」は、設備のことををあまり理解していないのが 現実のようです。この講座は、そのような建築積算技術者や、新入設備技術者に初歩の設備工事と、初歩 の設備積算についてご理解頂ける内容となっています。この機会に多くの方のご参加をお待ちしています。

日程 平成23年2月24日(木)
コース 午前 Aコース : 「設備入門」    10:00〜12:30
午後 Bコース : 「設備積算」    13:30〜16:00
終日 Cコース : A及びB」コース 10:00〜16:00
会場 大阪府建築健保会館(5階会議室)
定員 60人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 会員 積算士 一般  
午前 A 5,000 6,000 7,000 テキスト  「設備入門」代金を含みます
午後 B 5,000 6,000 7,000 テキスト  「設備積算」代金を含みます
終日 C 8,000 9,000 10,000 テキスト  上記2冊分の代金を含みます  


・(社)建築業協会 関西支部編集発刊の「設備入門」及び「設備積算」を使用致します。
・上記のテキストを当日講習会会場にてお渡し致します。
テキスト代金は受講料に含みますので、受講料のみ振込指定銀行にお振込下さい。

 「東京スカイツリー講演会 634−天空のシルエット」

開催日:平成23年3月8日(木)

参加人数 86人 / BSIJ−CPD(継続能力開発)制度 (3単位)

時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
また、日頃より当協会の事業活動にご理解とご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。

墨田区で建設が進む東京スカイツリー(東武鉄道(株)、東武タワースカイツリー(株)は、 自立式電波塔として世界一の高さになります。高さの設定は昔この地域が武蔵国と 呼ばれたことから、「六三四」634mに決められたと聞いております。 足元一辺約68mの正三角形から上部へ向かうにつれて円形に変化する独特の形状を 有する過去に例の少ない高層建築構造物です。
(株)日建設計の設計コンセプトによりますと、「低層部の三角形は敷地内で一辺の長さを 最大限とれる形状で、周辺地域への圧迫感を抑える配慮も意図した」ものだそうです。

今回、(株)日建設計・(株)大林組様のご協力により、設計・施工両面に纏わる話を伺える事と なり、「東京スカイツリ−講演会」の開催に至りました。この講演会を開催する3月には 丁度634mに到達の予定と聞いております。

大阪での開催は少ないと思いますので、この 機会に多数ご参加下さいますようお願いいたします。

※東京スカイツリー公式Webサイトアドレス http://www.tokyo-skytree.jp/


日時 平成23年3月8日(火) 午後1時〜4時
会場 大阪府建築健保会館6階大ホール
募集人数 定員100人 (申込先着順締切)
参 加 費 無 料 (積算協会会員、建築コスト管理士、建築積算士、建築積算士補)
その他一般の方々は1,000円 (参加料は当日会場受付でお預かりいたします)