平成23年度  関西支部 講習会・見学会・セミナー終了分

関西支部の平成23年度の講習会・見学会・セミナー等の情報です。

平成23年度「建築積算基礎講座」のご案内

開催日:平成23年5月21・28 日/ 6月11・18 日

日頃は当協会事業にご協力を頂きましてありがとうございます。

さて、本会では毎年開催し大変ご好評を頂いております建築技術者の為の建築積算基礎実技 講習会「建築積算基礎講座」を下記の通り実施いたします。

「公共工事の積算に携る方」「専門工事施工者として見積業務に携る方」の研修に、また「基本 から積算基準をとお考えの方」「改修・耐震工事積算の基本となる積算基準をとお考えの方」 そして「新入社員の方」にと、色々な立場の方々にご参加をして頂ける内容となっております。 講習は経験豊かな関西支部専任講師により、基準の解説から実技までを分かりやすく講習を していく形となっておりますので、ぜひ多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

開 催 日  講 義 内 容
第1回 5月21日(土) 総則・土工・地業・く体解説と実技 土工・山留 杭等
第2回 5月28日(土) く体・解説と実技 コンクリート・型枠・鉄筋
第3回 6月11日(土) 仕上・解説と実技 仕上の計測・計算
第4回 6月18日(土) 仕上・実技 仕上の計測・計算

コース 日程 価格 定員 会場
A コース (全コース)
※B +C コースの
全4日間
5月21日(土)・5月28日(土)
6月11日(土)・6月18日(土)
午前10時〜午後5時
会員:40,000円
一般:50,000円
30名
(定員になり次第締め切らせて頂きます)
大阪府
建築健保会館
B コース (く体) 5月21日(土)・5月28日(土)
午前10時〜午後5時
会員:20,000円
一般:25,000円
C コース (仕上) 6月11日(土)6月18日(土)
午前10時〜午後5時
会員:20,000円
一般:25,000円

テキスト:建築数量積算基準・同解説」(平成18年版)@4,200円

注:上記テキスト代は受講料に含まれていませんので、テキストをご希望の方は受講料にテキスト代を添えて指定口座にお振込み下さい。
・上記書籍をお持ちの方は、当日教室にご持参下さい
・演習用図面、計算用紙等は当会で用意しますので、筆記用具・電卓・三角スケールを各自ご用意下さい

 2011 BSIJ 環境セミナー 「環境とコストを考える」

開催日:平成23年6月2日(木)13:00〜17:00

昨年の東京での第11回に引き続き、BSIJ環境セミナー「環境とコストを考える」の第22回を大阪で開催いたします。 建築をめぐる「環境とコスト」にフォーカスをあて、とことん皆で考えていこうという試みで、環境の最前線で活動されている講師の方々に講演をいただきます。

会員、建築コスト管理士、建築積算士、建築積算士補、設計や施工に携わる建築技術者のみならず、行政、発注者および一般・学生の方々を含む幅広いステークホルダー各位の多数のご参加を期待しております。

  時間 テーマ・内容(仮題) 講演者
  13:00〜 開催挨拶 藤上 輝之
(公社)日本建築積算協会 会長
13:10〜 建物リニューアルの環境評価手法
〜LCC コスト評価、費用対効果の最新事例〜
杉田 洋
広島工業大学 環境学部 准教授
(公社)日本建築積算協会 理事
  14:20〜 〜休憩〜  
14:30〜 環境配慮建築・住宅の戦略的展開
〜環境とコストの動向と考え方〜
講演者依頼中
大和ハウス工業
  15:40〜 〜休憩〜  
15:50〜 環境ビジネス拡大への取り組み
〜グリーンコンサルティングの新しい流れ〜
大島 一夫
(株)NTTファシリティーズ
総合研究所 取締役
  16:50〜 閉会の辞 塩田 克彦
(公社)日本建築積算協会 副会長
本セミナーは、当協会の CPD 認証プログラムです。

日時 平成23年6月2日(木)13:00〜17:00
会場 大阪府建築健保会館 6階ホール
主催 公益社団法人 日本建築積算協会
後 援 (予定)国土交通省・(社)日本建設業連合会・(社)日本建築士事務所協会連合会
(社)日本建築士会連合会・(社)日本ファシリティマネジメント推進協会
(財)建設物価調査会・(財)経済調査会

 「塗装工事のJIS規格改訂のポイント他」セミナーのご案内

開催日:7月27日

BIJ-CPD 1.5単位 / 参加人数 40人

謹啓 貴社益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。
平素より積算協会の活動に御理解と協力を頂きましてありがたく厚く御礼申し上げます。
さて、今回は会員の皆様に『塗装工事のJIS規格改訂のポイント他』と題し、セミナーを開催致します。 国土交通省公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成22年度版が、昨年4月に発刊されて以来一年以上経過し、色々な問題点が明確になってきました。
その実績に基き、主な変更点の解説と、見積時と現場での相違点等の問題点を紹介します。つきましては、是非とも御参加して頂き、今後の参考にして頂ければ幸いです。

セミナー内容 Ⅰ.『塗装工事のJIS規格改訂のポイント他』
1.内装で使用される塗料のホルムアルデヒド放射等級は特記以外全てF☆☆☆☆。
2.鉄鋼面の錆止め塗料の種別大幅制限。
3.FE(フタル酸エナメル)・AE(アクリルエナメル)の削除
4.2-UE・2-ASE・2-FUEが統合され、DP(耐候性塗料)に統合他。
Ⅱ.『塗装の記号と名称及び単価の説明』と『新型塗料の紹介』
講師 株式会社竹延 (賛助会員)  関西ペイント販売株式会社
日時 平成23年7月27日(水)18時30分〜20時
会場 大阪府建築健保会館  大阪市中央区和泉町2-1-11
受講料 無料

 「建築技術者の為の「設備積算入門講座」のご案内 

開催日:11月9日

参加人数 39人/ CPD単位1時間1単位

日頃より当協会事業にご協力いただきましてありがとうございます。

さてこの度、建築積算技術者 見積りをする場合、「建築担当者」と「設備担当者」に別れ、それぞれの分担の見積作業をする訳ですが、現実のようです。この講座は、そのような建築積算技術者や、新入設備技術者に初歩の設備工事と、初歩の設備積算についてご理解頂ける内容となっています。
この機会に多くの方のご参加をお待ちしています。

日程 平成23年11月9日(水)
コース 午前 Aコース : 「設備入門」    10:00〜12:30 (テキスト「設備入門」を使用)
午後 Bコース : 「設備積算」   13:30〜16:00  (テキスト「設備積算」を使用)
終日 Cコース : A及びB」コース  10:00〜16:00(テキスト上記の2冊を使用) 
講師 ・設備入門編 → (株)竹中工務店 ・ (株)奥村組のテキスト執筆担当者 2名
・設備積算編 → (株)大林組 ・ (株)淺沼組のテキスト執筆担当者 2名
会場 大阪府建築健保会館(5階会議室)
定員 60人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)

受講料 会員 積算士 一般
午前 A 3,500円 4,500円 5,500円
午後 B 3,500円 4,500円 5,500円
終日 C 5,000円 6,000円 7,000円
*受講料にテキスト代金は含んでいませんので テキスト代は別途必要になります。

・(社)日本建設業連合会 関西支部発刊の「設備入門」及び「設備積算」を使用致します。
・上記の受講料にはテキスト代金は含まれていませんので、必要な方は「参加申込書」でテキストの有無をお聞かせ下さい。 (1冊当たり 1,500円)

「超高速シャッター他ショールーム見学会」のご案内 

開催日:11月16日

参加人数 19人 / BSIJ-CPD単位数 1.5単位

残暑厳しい夏も終り、ようやく秋の深まりが感じられる今日この頃ですが、会員の皆様もご健勝の事と思います。 今回は「三和シャッター工業(株)の御行為により新商品の展示見学会」を開催します。主な新商品は以下の通りです。
@超高速シャッター「スパイラルシャッター」工場等の開口にお勧め、弱点(耐風・劣化・遮音・遮熱)を解決。
A粉体焼付スチールドア「YAG粉体」  環境に優しい粉体焼付のSDを提案。
B木質系引戸「スムードもっくん」  従来の軽量引戸に加え、木質系扉表面材をラインナップ。
わかり易く展示しております。この機会に多数ご参加頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

開催日時 平成23年 11月16日(水)/現地集合:13:50/14:00〜15:30 (予定)
募集人数 定員 40名(申込先着順締切り)
参加費用 無料
見学場所 三和シャッター工業株式会社 旧大阪工場工場 展示場ジョウ内
兵庫県尼崎市田能6丁目10−1
集合 阪急神戸線園田駅  改札出口  13:20集合
(タクシーを乗合いですが準備します - 4人/台)
(行き先を「田能の三和シャッター」とお告げください。
阪急園田駅より弊社旧大阪工場まで約15分)
・展示場の駐車スペースが限られているため公共交通機関でのご来場をお願いします。

 「建築数量積算基準・同解説(平成23年版)」講習会のご案内

開催日:12月7日

参加人数 48人 / CPD単位1時間1単位

 日頃より(公社)日本建築積算協会関西支部の活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

『建築数量積算基準』は、建築における工事価格を作成する上で基本となる数量を算出するための計測・計算方法を定めたもので重要な積算基準のひとつです。今回の講習会は、 改訂された(平成23年版)テキストを使用して建築積算に携わる方々を対象に同解説の間違いやすい内容、忘れてはいけない問題点などを集中的に講習する内容となっております。「官庁工事」はもとより「民間工事」におきましても基本となる同解説の理解を、より正確に深めていただくために是非ご参加をお願い致します。

今回の改訂は、改訂された「JASS5」との整合性を図り、「鉄筋の定着、重ね継手の長さ及び鉄筋径の倍数表」や「鉄筋の投影定着長さ」などを見直し、日常、積算関係者から寄せられたご意見等を参考に解説部分の表現の統一、図表等の加筆修正が加えられております。

日時 平成23年12月7日(水) 午後1時〜5時
会場 兵庫県民会館
神戸市中央区下山手通4-16-3 (3階 「304号会議室」)
定員 50人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会会員(コスト管理士) 5,000円
建築積算士 7,000円
一 般 8,000円

・「建築数量積算基準・同解説(平成23年版)」をテキストとして使用致しますので、 同テキストをお持ちの方は当日ご持参下さい。

・テキストをお持ちでない方は上記受講料のほかにテキスト代金が有償となりますので、受講料にテキスト代金4,200円を加算してお振込下さい。テキストは当日お渡し致します。

「(仮称)ラウンドワン難波店 新築工事」現場見学会のお知らせ

開催日:2月15日

参加人数 15人/ BSIJ−CPD(継続能力開発)制度並びに建築士会のCPD認定済

会員の皆様には、新年を迎え志しを新たに希望に燃えてご活躍されていると思います。 今年も宜しくお願い致します。
さて今般、 一次中断しておりました「現場見学会」のご案内を致します。 今回の現場見学会は、難波の旧OSプラザの跡地に建設中のラウンドワン難波店です。
地下の外壁を 残しながら、地下2階、地上11階、塔屋1階 最高高さ60.79mの鉄骨造(一部RC造、SRC造)で、 建築面積 1,880.0m2、施工床面積 19,472.0m2 (5,890.3坪)のレジャー施設の建物です。


外装は押出成形セメント板、アルミカーテンウォール、ALC版。内部はB2F〜3F:アミューズメント 4Fカラオケ、5〜7F:スポーツアミュズメント、8〜10F:ボウリング場、11F:バッティングセンター となっております。
募集人数に制限がありますが、是非、この機会に多数ご出席ください。

開催日時 平成24年2月15日(水)/現地集合:13:30/14:00〜15:30 (予定)
募集人数 定員 25名(申込先着順締切り)
参加費用 無料
工事場所 (仮称)ラウンドワン難波店 新築工事
大阪市中央区難波1丁目1番地
集合場所 中央区道頓堀1丁目8-14 北大阪戎橋ビル4階 アールワン難波工事事務所
(地下鉄御堂筋線なんば駅M番出口より東へ徒歩3分の工事事務所へ集合下さい)
戎橋筋商店街のドラッグストアー「コクミン」の5階 (ビル南側/ブルーの両開扉が入り口)

「未来が動く・・・BIMとコストマネジメントの将来を考える」 BSIJ 講演会講習会のご案内

開催日:平成24年2月20日/ CPDプログラム

参加人数 60人

近未来における建築生産の切り札と考えられるBIM(ビルディングインフォーメーション・モデリング)は、設計分野及び施工分野において、精力的に研究開発が進められており、我が国においても実務への適用が着々と進められています。しかしながら、建築生産において益々重要となってきたコストマネジメントに関しては、実験的な研究は進められてきましたが、まだまだ具体的な将来像が描けない状況にありました。このたび実用に供される為の積算システムが開発され、コストマネジメントと積算業務の将来展望が明らかな兆しがみえます。このような動きを契機として、BIMとコストマネジメントについての未来を展望します。

講演会は、BIMに精通した4氏の講演、質疑応答及び懇親会の三部構成となっています。ぜひ懇親会においても、お飲み物及び軽食をご用意していますので、講師及び参加者間での活発な意見交換をして頂きたいと思います。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

※BIMとは
Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、建物とその建築に関わる多様な情報を「3D建築モデル」に集約・統合。これを一種の建物データベースとして、設計、施工、維持管理に至るプロジェクト全体で活用する米国生れの建築手法。

日時 平成24年2月20日(月) 16:00〜18:30(講演会)・18:30〜20:00(懇親会)
会場 大阪府建築健保会館(講演会場)5階会議室(懇親会場)6階ホール
定員 60人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 1名 2,000円(懇親会費用を含む)
受講料は当日受付でお支払い下さい。
講演会のみの受講も可能です。(但し、受講料は同じです。)

 「鉄骨の基本知識と積算手法」講習会のご案内

開催日:平成24年3月1日

参加人数 46人/ CPD単位1時間1単位

積算ソフトが進化してゆく中、近年は女性積算士も増加し建築積算士への門戸は広く開かれてきた半面、鉄骨の数量積算に限っていえば計算課程の煩雑さなどから技術者はここ数年減少傾向にあります。そのような中、当協会では鉄骨の積算を初歩から学び鉄骨の数量積算の基礎的知識を習得することと合わせて、鋼材の基本的な知識を学べる機会を設けました。

講習会は、鉄骨の数量積算に精通した講師による積算実習を含む基礎講座と、現在申請中の合併が認められると粗鋼生産量世界第2位となる新日本製鉄(新日鉄住金)による鋼材の基礎知識の二部構成からとなっています。

また来年度には基礎講座の続編となる「鉄骨数量積算教室(仮)」の開催も予定(注)をしております。これを機会に鉄骨の数量積算技術の習得を目指してみませんか。 躯体担当者のみならず、ぜひ若手積算士や意匠担当者の皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げております。 

日時 平成24年3月1日(木) 13:00〜17:00
会場 大阪府建築健保会館 講演会場:5階会議室
定員 60人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 3,000円(会員・積算士)
4,000円(一般参加者)

  時間 内容 講師
  13:00〜
13:05
開催挨拶  
13:05〜
13:45
鋼材の製造法と種類 他 竹内 一郎
新日本製鐵株式会社 大阪支店
建材開発技術グループ マネージャー
 13:45〜
14:25    
原燃料の産出国と市況動向
足元の経済情勢と鉄鋼需要見通し
(日本・世界)
高橋 輝英
新日本製鐵株式会社 大阪支店
建材グループ マネージャー
  14:25〜
14:40
休 憩  
14:40〜
17:00
鉄骨数量積算の基本的知識と実例 冨山 鐵二
株式会社 大建設計
技術管理室 技術部長 

・来年度企画予定の「鉄骨数量積算教室(仮)」は、参加人数の状況などにより開催を見合わせることがあります。