平成27年度 関西支部 講習会・見学会・セミナー終了分

関西支部の平成27年度の講習会・見学会・セミナー等の情報です。

「建築改修工事の積算」講習会のご案内 
<改修工事のニーズは今後ますます増大します>

開催日:平成27年5月15日(金)

参加人数 29人/CPD認定プログラム:(公社)日本建築積算協会/ (公財)建築技術教育普及センター(建築CPD情報提供制度)

日頃より当協会事業にご協力いただきまして、 ありがとうございます。

今世紀に入り、わが国の建設産業は、環境共生・環境配慮等から持続可能型の社会へと大きな転換を図りました。 近年においては耐震改修だけでなく、バリアフリー改修や省エネ改修など、建物を改修する目的も多様化してきてお り、以前にも増して改修工事における方法・工法の種類も増えてきています。

そのような中、この度当協会では内容の刷新・見直しをおこない、昨年5月に第3版としての【建築改修工事の積算】 を刊行いたしました。

今回そのテキストを使用し、豊富な事例をもとに改修方法や積算手順について学んでいただくための講習会を企画 いたしました。この講習会は、主に建築積算業務に携わる方々を対象にしていますが、その他の分野の方々にもこの 機会に参加いただき、日常の業務にお役立てくださいますようご案内申し上げます。

日時 平成27年5月15日(金) 13:30~17:30 (受付 13:00より)
会場 和歌山ビッグ愛 501・502号室
電話番号:073-435-5200 住所:和歌山市平手2丁目1-2 
>>アクセスはコチラ (和歌山ビック愛ホームページ)
受講料 積算協会・会員 5,000円
建築積算士 7,000円
一 般 8,000円
後援団体 7,000円
テキスト

「建築改修工事の積算」
会員4,420円 建築積算士(後援団体)4,630円 一般販売4,940円
注)テキストは受講料に含まれていませんので、別途有償となります。
受講料に加算してお振込みください。

講師 北野 正美 氏 (清水建設(株) 関西事業本部見積部 担当部長)
杉山 茂 氏 ((株)竹中工務店 大阪本店作業)

平成27年度「建築積算基礎」講座のご案内 
【初めての方でも建築物の数量算出の仕組みが理解できます】

開催日:平成27年5月23 日・ 6月6日 /6月13・6月20日

参加人数 27人

日頃は当協会事業にご協力を頂きましてありがとうございます。

さて、本会では毎年開催し大変ご好評を頂いております建築技術者の為の建築積算基礎実技 講習会「建築積算基礎講座」を下記の通り実施いたします。

「公共工事の積算に携る方」「専門工事施工者として見積業務に携る方」の研修に、また「基本 から積算基準をとお考えの方」「改修・耐震工事積算の基本となる積算基準をとお考えの方」 そして「新入社員の方」にと、色々な立場の方々にご参加をして頂ける内容となっております。

講習は経験豊かな関西支部専任講師により、基準の解説から実技までを分かりやすく講習を していく形となっておりますので、ぜひ多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

開 催 日  講 義 内 容
第1回 5月23日(土) 総則・土工・地業・く体解説と実技 土工・山留 杭等
第2回 6月6日(土) く体・解説と実技 コンクリート・型枠・鉄筋
第3回 6月13日(土) 仕上・解説と実技 仕上の計測・計算
第4回 6月20日(土) 仕上・実技 仕上の計測・計算

コース 日程 価格 定員 会場
A コース (全コース)
※B +C コースの
全4日間
5月23日(土)・6月6日(土)
6月13日(土)・6月20日(土)
午前10時~午後5時
会員:40,000円
一般:50,000円
30名
(定員になり次第締め切らせて頂きます)
アークホテル大阪
中央区島之内
1-19-18
B コース (く体) 5月23日(土)・6月6日(土)
午前10時~午後5時
会員:20,000円
一般:25,000円
C コース (仕上) 6月13日(土)・6月20日(土)
午前10時~午後5時
会員:20,000円
一般:25,000円
  一般申込の方で、Aコースに申込の方に限り、 当協会会員に新規入会を頂きますと、
今回 の受講料50,000円を35,000円と致します。

テキスト:建築数量積算基準・同解説」(平成23年版)@4,200円

注:上記テキスト代は受講料に含まれていませんので、テキストをご希望の方は受講料にテキスト代を添えて指定口座にお振込み下さい。
・上記書籍をお持ちの方は、当日教室にご持参下さい。
・演習用図面、計算用紙等は当会で用意しますので、筆記用具・電卓・三角スケールを各自ご用意下さい。

建築屋さんのための「設備積算入門講座」講習会のご案内 

開催日:平成27年6月25日(木)/ 積算協会CPD制度の認定プログラム(CPD単位1時間1単位) 

参加人数 47人

 日頃より当協会事業にご協力いただきまして、 ありがとうございます。
さてこの度、建築積算技術者 の為の「設備積算入門講座」を下記の通り企画致しましたのでご案内致します。

見積りをする場合、「建築担当者」と「設備担当者」に別れ、それぞれの分担の見積作業をする訳ですが、 どちらの担当者もお互いの見積内容を概ね理解しているように思われるでしょうが、「設備担当者」は建築 のことを大よそ理解しているのに比べ、意外にも「建築担当者」は、設備のことををあまり理解していないのが 現実のようです。この講座は、そのような建築積算技術者や、新入設備技術者に初歩の設備工事と、初歩 の設備積算についてご理解頂ける内容となっています。

この機会に多くの方のご参加をお待ちしています。

日時 平成27年6月25日(木)
会場 アークホテル大阪2階「孔雀の間」 
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員

 40人(定員に達し次第締め切らせて頂きます)

テキスト

・(一社)日本建設業連合会 関西委員会発刊の「設備入門」及び「設備積算」を使用致します。
・上記の受講料にはテキスト代金は含まれていませんので、必要な方は「参加申込書」で テキストの有無をお聞かせ下さい。 (1冊当たり 1,500円)

講師 ・設備入門編 → (株)奥村組 ・ (株)竹中工務店テキスト執筆担当者の2名
・設備積算編 → (株)大林組 ・(株)淺沼組テキスト執筆担当者の2名   
コース 日程 価格

定員

テキスト
午前 Aコース
「設備入門」
コース
6月25日(木)
10:00~12:30 
会員:3,500円
積算士共催団体:4,500
一般:5,500円
40名
(定員になり次第締め切らせて頂きます)
テキスト「設備入門」を使用
午後 Bコース
「設備積算」
コース
6月25日(木) 
13:30~16:00
会員:3,500円
積算士共催団体:4,500
一般:5,500円
テキスト「設備積算」を使用
終日 Cコース
「A及びB」
コース
6月25日(木)
10:00~16:00
会員:5,000円
積算士共催団体:6,000
一般:7,000円
テキスト上記の2冊
を使用

「建築数量積算基準・同解説(平成23年版)」講習会のご案内

開催日:7月23日 / 建築CPD情報提供制度の認定プログラム

 参加人数 30人

日頃より( 社) 日本建築積算協会関西支部の活動に ご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

『建築数量積算基準』は、建築における工事価格を作成する上で基本となる 数量を算出するための計測・計算方法を定めたもので重要な積算基準のひとつです。今回の講習会は、 改訂された( 平成23 年版)テキストを使用して建築積算に携わる方々を対象に同解説の間違いやすい内容、 忘れてはいけない問題点などを集中的に講習する内容となっております。「官庁工事」はもとより「民間工事」 におきましても基本となる同解説の理解を、より正確に深めていただくために是非ご参加をお願い致します。

日時 平成27年7月23日(木) 午後1時~5時
会場 アークホテル大阪 3階「牡丹の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 40人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会会員(コスト管理士) 5,000円
建築積算士 7,000円
一 般 8,000円
講師 関西支部 専任講師
テキスト ・「建築数量積算基準・同解説(平成23年版)」をテキストとして使用致しますので、 同テキストをお持ちの方は当日ご持参下さい。 ・テキストをお持ちでない方は上記受講料のほかにテキスト代金が有償となりますので、受講料にテキスト代金4,200円を加算してお振込下さい。
テキストは当日お渡し致します。

「ガラス工場見学会」のご案内

開催日:平成27年8月28日(金)

 参加人数 30人 / CPD対応・・・この見学会はBSIJ-CPD(継続能力開発)制度並びに建築士会のCPD認定

(公社)日本建築積算協会関西支部 会員委員会から工場見学会のお知らせをいたします。
今回は、「セントラル硝子(株)松坂工場 堺製造所の見学会と勉強会」を企画致しました。
セントラル硝子㈱様の堺製造所は、昭和34年(1959年)3月に建設され、フルコール法・ピッツバーグ法による 普通板ガラスのほか、連続ロールアウト法による型板ガラスを生産していました。

その後、板ガラス需要の多様化・高級化に対応する為、昭和57年(1982年)11月から板ガラス製法の革命といわれる フロート法による高級板ガラスを、生産されています。

また、省エネルギー性能の高い複層ガラスを製造するため、自動複層ガラス製造設備を平成12年(2000年)10月に 導入、さらに2012年4月には板ガラスの表面に金属膜をコーティングするスパッタリング製造設備を導入し、 省エネルギー効果を実現する高性能熱線反射ガラス等の生産も行っています。

製造過程の見学やガラスの勉強会開催を計画していますので、暑い中ではありますが多数のご参加下さいますよう お願い致します。

日時 平成27年 8月28 日(金)13:30~17:00 (現地集合、現地解散)
見学場所 セントラル硝子(株)堺製造所
堺市堺区築港南町6番地
TEL:072-344-0597
募集人数 定員 30名
参加費用 無 料
注意事項

半袖シャツ、サンダル類、スカートでの見学は、安全面での問題がある為ご遠慮ください。その他申込時に御連絡致します。

「鉄骨数量積算実践講座」のご案内

参加人数 延べ64人

開催日:平成27年9月5・12・26日 /10月3日

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は当協会の活動にご理解頂き誠にありがとうございます。 昨今、鉄骨の数量積算技術を有する方が年々減少していく中、これからを担う鉄骨数量積算のプロの育成が不可欠となってきています。当会では今年で4年目になりますが例年通り「鉄骨数量積算実践講座」を下記の通り開催することにいたしました。

この「鉄骨数量積算実践講座」では主体鉄骨から雑鉄骨まで、建物1棟を実際に積算する実習形式(基礎的知識から単価入れまで)で行なうことにより、日常業務の中で鉄骨の数量積算のプロセスを習得して頂くことを目的とした講座で、これまでに受講頂いた方からは、講師と対話式の講義方式やきめ細かい指導などに対して数多く称賛の声を頂いております。

企業内での人材育成やスキルアップなどにお役立ていただけることと確信しておりますので皆様のご参加をお待ち致しております。

日時

平成27年 9月  5日(土) 13:00~17:00
平成27年 9月 12日(土) 13:00~17:00
平成27年 9月 26日(土) 13:00~17:00
平成27年10月  3日(土) 13:00~17:00
(全4回 16時間)

会場 アークホテル大阪 3階(牡丹の間)
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 15人
受講料 会員・コスト管理士・建築積算士 25,000円
一般 30,000円
講師 関西支部 専任講師

「建築コストマネジメント講習会」のご案内

開催日:平成27年10月3日(土)

参加人数 22人/(公社)日本建築積算協(公財)建築技術教育普及センター…CPD情報提供制度

建築生産を取り巻く環境の変化には著しいものがあります。特に近年、建築プロジェクトに対する発注者の 姿勢は一段と厳しくなり、機能・品質や安全性とともに、事業成功の最大要因である経済的合理性が強く求められて います。このようなコストに対する発注者側の要求に対して、企画から設計・施工そして運営管理・リニューアル といったライフサイクル各段階において、十分な対応が行われていないケースもみられます。このような状況に おいて、発注者は「コストマネジメントへの大きな不満」と「頼りになるコストマネージャーへの期待」を持ち続けています。

このような現状に対応すべく、当協会では「建築コスト管理士ガイドブック」「建築積算士ガイドブック」を発刊し、 発注者の期待に応える「コストマネージャー」あるいは「コストに精通したプロジェクトマネージャー」を目指す方々には 是非ご活用いただきたい教本となっております。

今回、「建築コスト管理士ガイドブック」をテキストとして「建築コストマネジメント講習会」を開催いたします。 建築コスト管理士試験受験をお考えの方やコスト技術者の方はもちろん、建築プロジェクトを担当されている発注者や 設計者・CMrあるいは工事関係者の方にも受講されることをお勧めいたします。

この機会をご活用されて、プロジェクトを成功に導かれますよう、ここにご案内申し上げます。

日時 平成27年10月3日(土)
10時~17時まで (受付開始9時30分)
会場 アークホテル大阪 2階「楓の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 40人(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会・会員 5,000円
一般 6,000円
(受講料にはテキスト代金を含んでいません) 
テキスト

講習会は「建築コスト管理士ガイドブック」を使用いたします。
講習会に参加の方にはテキスト代金を会員価格4,530円で販売いたします。
受講料に書籍代金4,530円を加算してお振り込みください。
書籍は当日お渡し致します。
既に書籍をお持ちの方は、当日「建築コスト管理士ガイドブック」をご持参ください。

講師 (公社)日本建築積算協会 関西支部   専任講師

「建築積算講習会」のご案内

開催日:平成27年10月17日(土)

参加人数 31人 / (公社)日本建築積算協(公財)建築技術教育普及センター・・・CPD情報提供制度

建築生産を取り巻く環境の変化には著しいものがあります。特に近年、建築プロジェクトに対する発注者の 姿勢は一段と厳しくなり、機能・品質や安全性とともに、事業成功の最大要因である経済的合理性が強く求められて います。このようなコストに対する発注者側の要求に対して、企画から設計・施工そして運営管理・リニューアル といったライフサイクル各段階において、十分な対応が行われていないケースもみられます。このような状況に おいて、発注者は「コストマネジメントへの大きな不満」を持ち続けています。

当協会では、このような現状に対応すべく、「建築コスト管理士ガイドブック」並びに「建築積算士ガイドブック」 を発刊いたしております。これらのガイドブックは、発注者の期待に応える「コストマネージャー」あるいは「建築積算の専門家」 を目指す方々にご活用いただきたい内容となっております。

今般、建築積算士試験受験に役立つように4月1日付けで「建築積算士ガイドブック」の改訂版を新たに発刊いたしました。 この講習会は改訂版テキストを使用して開催いたします。建築積算士試験受験をお考えの方はもちろん、基本から 積算技術を身につけたいコスト技術者の方も、ぜひ受講されることをお勧めします。

日時 平成27年10月17日(土)
10時~17時まで (受付開始9時30分)
会場 アークホテル大阪 3階「牡丹の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 30人(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会・会員 5,000円
一般 6,000円
(受講料にはテキスト代金を含んでいません) 
テキスト

平成27年4月1日改定の「建築積算士ガイドブック」を使用いたします。
講習会に参加の方には書籍代金を会員価格4,420円で販売いたします。
受講料に書籍代金4,420円を加算してお振り込みください。
書籍は当日会場でお渡し致します。
改訂版のテキストを既にお持ちの方は当日「建築積算士ガイドブック」をご持参ください。

講師 (公社)日本建築積算協会 関西支部   専任講師

「建築改修工事の積算」のご案内
<改修工事のニーズは今後ますます増大します>

開催日:平成27年11月18日(水)

参加人数 28人 / CPD認定プログラム (公社)日本建築積算協会 (公財)建築技術教育普及センター(CPD情報提供制度)

今世紀に入り、わが国の建設産業は、環境共生・環境配慮等から持続可能型の社会へと大きな転換を図りまし た。 近年においては耐震改修だけでなく、バリアフリー改修や省エネ改修など、建物を改修する目的も多様化し てきており、以前にも増して改修工事における方法・工法の種類も増えてきています。

そのような中、この度当協会では内容の刷新・見直しをおこない、昨年5月に第3版としての【建築改修工事の積 算】を刊行いたしました。

今回そのテキストを使用し、豊富な事例をもとに改修方法や積算手順について学んで頂くための講習会を企画 いたしました。この講習会は、主に建築積算業務に携わる方々を対象にしていますが、その他の分野の方々にもこ の機会に参加をいただき、日常の業務にお役立てくださいますようご案内申し上げます。

日時  平成27年11月18日(水)
午後1時 ~ 5時 (受付 12時30分より)
会場 アークホテル大阪 2階「孔雀の間」 
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 50人(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会・会員 5,000円
建築積算士 7,000円
一般 8,000円
テキスト

 「建築改修工事の積算」
会員4,420円 建築積算士4,630円 一般販売4,940円
注:テキストは受講料に含まれていませんので、別途有償となります。
受講料に加算してお振込みください。

講師 北野 正美 氏 (清水建設(株) 関西事業本部見積部 担当部長)
千馬 憲一 氏 ((株)竹中工務店見積部 建築3グループ長 )

「プロロジスパーク茨木(仮称)新築工事」現場見学会

開催日:平成27年11月25日(水)

参加人数 28人 / BSIJ-CPD(継続能力開発)制度並びに建築士会のCPD認定プログラム

このたび、『プロロジスパーク茨木(仮称)新築工事』現場見学会を開催いたします。

清水建設(株)の設計施工で工事が進められています。 建物の構造・規模は、RCSS造 (柱は鉄筋コンクリート 造、梁は鉄骨造)で、地上 6階、塔屋 1階、建築面積 32,630㎡、延床面積 189,624㎡、建物高さ 42.9m の流通施 設の建物です。 屋根は主にアルミ亜鉛合金メッキ鋼板折板二重葺き、外装は主に耐火サンドイッチパネル、内部 は倉庫と付帯事務所となっています。 東西に 2ヶ所のランプウエイを有し、搬送車両がそのまま上階に上がって いけるようになっているのが特徴の建物です。

見学時は躯体工事の最盛期で、柱のコンクリート打設・梁の鉄骨建方等を間近に見学して頂けると思います。 この機会に多数ご参加下さいますようお願い致します。

日時  平成27年11月 25日(水)
14:00~16:00
募集人数 定員 30名(申込先着順締切り)
参加費用 無料
集合場所 茨木市北部大阪都市計画事業国際文化都市特定土地区画整理事業地区内
中部地 区D3-1街区
プロロジスパーク茨木(仮称)新築工事建設所 Tel:072-643-2650

※ 現場での写真撮影等は禁止となっていますので、ご了承ください。

「建築積算実技」講習会のご案内

開催日:平成28年1月 9日(土)/1月16日(土)

参加人数 35人 / CPD認定プログラム (公社)日本建築積算協会 (公社)日本建築士会連合会 (公財)建築技術教育普及センター

今般、積算協会関西支部では積算技術の向上を目的とした「建築積算実技講習会」を開催する運びとなりました。 積算技術を習得中の方々を始め、更に積算技術の向上を目指しておられる方、また平成28年1月24日(日)に実施される 建築積算士二次試験を受験される方にとりましては大変役に立つ講習会になっております。

講習は、建築積算士二次試験の過去問題を使用し、積算協会関西支部の専任講師による問題の解説と、また間違え  やすいポイント等を指摘しながら2日間対話型実技形式で行う、より実践的な講習会です。 昨年度の建築積算士二次試験では、実技講習会に参加された受験者の合格率は74%という結果でした。

是非この機会に実技講習会を受講されまして、技術の向上や、二次試験対策の一助にしていただければと考えております。 皆様奮ってご参加ください。 (普段、積算業務をされていない方でも解りやすい講習になっていますのでご安心ください)

日時 (第1日目) 平成28年1月 9日(土) 10時~17時まで (受付開始9時30分)
(第2日目) 平成28年1月16日(土) 10時~17時まで (受付開始9時30分)
会場 アークホテル大阪 「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員  30人 ※お申し込みありがとうございました。定員に達しました。
受講料 会員 11,000円
一般 13,000円
テキスト

講習会には参考図書として、「建築積算士ガイドブック」及び「建築数量積算基準・同解説(23年版)」を使いますので、当日ご持参ください。
(お持ちでない方は別途ご購入下さい)

講師  (公社)日本建築積算協会 関西支部   専任講師

建築屋さんのための「積算チェックの着眼点」のご案内

開催日:平成28年1月28日(木)

参加人数 35人 / CPD制度 認定プログラム 4単位

日頃より当協会事業にご協力いただきましてありがとうございます。 積算のスピード化が求められる現在の環境では、「スピード化と 正確性」の相反する性格を両立させなければなりません。積算落ちのない 正確な積算をすること、これは積算担当者にとっての使命であり、最も重要な事柄であり、また難問でも あります。積算担当者の積算能力向上をはかり、より一層の積算精度向上を目指したいところであります。

この度、「建築屋さんのための積算チェックの着眼点」(一般社団法人日本建設業連合会発刊)の テキストを用いて、今まで見えなかった積算上の問題点や、図示のない事柄、新しい知識等が理解 できるように講習会を企画いたしましたので、ご案内申し上げます。

この機会に講習会参加をしていただき、皆様の業務にお役立て頂ければ幸いです。

日時 平成28年1月28日(木)午後1時~5時 (受付 12時30分より)
会場 アークホテル大阪阪3階「牡丹の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員  40人 ※お申し込みありがとうございました。
定員に達しましたので受付を締めきらせていただきます
受講料 積算協会・会員 5,000円
建築積算士/ 共催団体 7,000円
一般 8,000円
テキスト

・(一社)日本建設業連合会関西委員会編集発刊の「建築屋さんのための積算チェックの着眼点」を使用いたします。
・上記のテキストを当日講習会会場にてお渡し致しますので、テキスト代金として1,000円を受講料に加算して下記振込指定銀行にお振込み下さい。

講師  (公社)日本建築積算協会 関西支部   専任講師

「建築プロジェクトにおけるコストマネジメントと概算」のご案内

開催日:平成28年2月18日(木)

参加人数 40人 / CPD制度 認定プログラム 4単位

建設現場の作業員不足に端を発した工事費の高騰と労務資材不足による建設の遅れは、公共・民間を問わず社会経済への 影響を大きくしています。特にプロジェクト予算と工事費のかい離は、入札不調や建設計画延期といった状況を多く生み出して います。しかしこのような時代だからこそ、プロジェクトの初期から適切なコストコントロールを実施し、設計段階における予算と 工事費の整合性を図っていく適切なコストマネジメントが必要になります。激しい変化に対応する実勢価格の把握と適切な 工事費の算定は重要なことですが、設計内容が予算と整合していなければ、そのような努力も適正な工事発注に結びついて はいきません。工事予算の策定段階から各設計段階を通じて、設計内容と工事費についての整合性を検証していくきめ細かい コストコントロールがプロジェクトを成功に導く鍵となります。

テキスト「建築プロジェクトにおけるコストマネジメントと概算」は、積算協会がコストマネジメントとその重要なツールである建築 および設備の概算手法について、プロの目で実用性を追求し、我が国初の「体系的な基準」としてまとめ上げたものです。

コストに携わる技術者の皆様はもとより、建設マネジメントや設計に携わる皆様方にも、この機会を活用して知識・技術を習得され、 皆様方のプロジェクトを成功に導かれますよう、ここにご案内申し上げます。

日時 平成28年2月18日(木) 13時~17時まで (受付開始12時30分)
会場 アークホテル大阪 「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員  40人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会会員(コスト管理士) 5,000円
建築積算士 7,000円
一般 8,000円
テキスト

・「建築プロジェクトにおけるコストマネジメントと概算」 3,390円(会員価格)  
・ 書籍について、ホームページからご案内いたします。下記のアドレスからご確認ください。 http://www.bsij.or.jp/reporting/mokuji_kenchikuprojyect.pdf?20140912
受講料にはテキスト代は含まれまていません。
別途有償となりますので受講料に加算してお振込みください。

講師  (公社)日本建築積算協会 関西支部   専任講師

セミナー「膜天井」の有用性と施工事例のご案内

開催日:平成28年3月4日(金)

参加人数 26人 / CPD制度 認定プログラム BIIJ-CPD1.5単位

皆様にはご清祥のこととお喜び申し上げます。

東日本大震災では、ホールや体育館・商業施設・空港ビルなどで天井が落下する被害が多発致しました。国土交通省では、再発防止策として改正建築基準法の関連告示771号で吊り天井(特定天井)の安全性を規制しております。しかし、2013年7月には静岡県の富士水泳場で吊り天井約300㎡が落下、これは地震による落下ではありませんでした。天井の落下は、建築の老朽化や湿度などによる腐食、また人的ミス等で平時から落下する危険性を常にはらんでいるのです。

その様な中、天井材を”かるく・やわらかく”するといった発想の転換で、天井落下の危険性の低減と、たとえ落下しても人的被害の出にくくする事が可能な「膜天井」について、膜構造の歴史や、海外の事例などを織り交ぜながらの「ホットな話を聞く会」を企画いたしました。

日時 平成28年3月4日(金) 18:30~20:00
会場 アークホテル大阪2階「楓の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員  30名 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
※会場整理費としてワンコイン500円を当日お預かりいたします
講師 太陽工業株式会社 プロジェクト営業部長 村上 祐一様