平成29年度 関西支部 講習会・見学会・セミナー終了分

関西支部の平成29年度の講習会・見学会・セミナー等の情報です。

平成29年度「建築積算基礎」講座のご案内 
【初めての方でも建築物の数量算出の仕組みが理解できます】

開催日:平成29年5月13日・5月20日 /5月27日・6月3日

参加人数 134人

日頃は当協会事業にご協力を頂きましてありがとうございます。

さて、本会では毎年開催し大変ご好評を頂いております建築技術者の為の建築積算基礎実技 講習会「建築積算基礎講座」を下記の通り実施いたします。

「公共工事の積算に携る方」「専門工事施工者として見積業務に携る方」の研修に、また「基本 から積算基準をとお考えの方」「改修・耐震工事積算の基本となる積算基準をとお考えの方」 そして「新入社員の方」にと、色々な立場の方々にご参加をして頂ける内容となっております。

講習は経験豊かな関西支部専任講師により、基準の解説から実技までを分かりやすく講習を していく形となっておりますので、ぜひ多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

開 催 日  講 義 内 容
第1回 5月13日(土) 総則・土工・地業・く体解説と実技 土工・山留 杭等
第2回 5月20日(土) く体・解説と実技 コンクリート・型枠・鉄筋
第3回 5月27日(土) 仕上・解説と実技 仕上の計測・計算
第4回 6月3日(土) 仕上・実技 仕上の計測・計算

コース 日程 価格 定員 会場
A コース (全コース)
※B +C コースの
全4日間
5月13日(土)・5月20日(土)
5月27日(土)・6月3日(土)
午前10時~午後5時
会員:40,000円
一般:50,000円
30名
定員に達しました。
アークホテル大阪
中央区島之内
1-19-18
B コース (く体) 5月13日(土)・5月20日(土)
午前10時~午後5時
会員:20,000円
一般:25,000円
C コース (仕上) 5月27日(土)・6月3日(土)
午前10時~午後5時
会員:20,000円
一般:25,000円
  一般申込の方で、Aコースに申込の方に限り、 当協会会員に新規入会を頂きますと、
今回 の受講料50,000円を35,000円と致します。

テキスト:建築数量積算基準・同解説」(平成23年版)@4,200円

注:上記テキスト代は受講料に含まれていませんので、テキストをご希望の方は受講料にテキスト代を添えて指定口座にお振込み下さい。
・上記書籍をお持ちの方は、当日教室にご持参下さい。
・演習用図面、計算用紙等は当会で用意しますので、筆記用具・電卓・三角スケールを各自ご用意下さい。

【知のシリーズ】第三弾
「土の中を知らずして建設コストは語れない-土の特性と根切・山留工事について-」のご案内 

開催日:6月30日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会 (公財)建築技術普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 68人

建設コストに携わっている方が実はよくわかっていないと言われるのが仮設計画。その中でも揚重機関係と山留はその双璧と言えます。
そこで今回、3回目となる知のシリーズでは「山留」にスポットをあててみました。
建設コストを算出する際、設計図面に付いていなくても建設地の地盤状況や計画内容によってその必要性の有無から、必要な場合においてはその種類や深さなどを想定しなければなりません。ここでの仮定条件によっては工事費に大きな影響を与えることになりかねない山留計画を中心に、またそれに付随する切梁・構台に加え、土や地盤などの基本的な知識も含めて学んでいただく機会を設けました。
講師にはどのような厳しい条件の中においても安全かつ施工性の高い山留計画を日夜されている専門家をお招きしお話いただくことにしています。
これを機会に土の中を知り、実際の施工計画に沿ったより精度の高い建設コストの算出を目指してみませんか。

日時 平成29年6月30日(金) 午後1時30分~4時30分(受付 1時より)
会場 アークホテル大阪 2階「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 60人
定員に達しました。
受講料 積算協会  会員 4,000円
建築積算士 5,000円
一般 6,000円
講師 岡橋 稔 氏 (株)竹中工務店 大阪本店技術部企画管理G 部長
講習内容
1.土・地盤について (1)土とは何か? / (2)地盤調査報告書の見方
2.根切り・山留めについて (1)山留めとは何か? / (2)基本計画 / (3)根切り山留め工法の種類と特徴
(4)山留め壁の種類と特徴 / (5)設計法 / (6)トラブル事例 / (7)コスト算定
3.関連技術について (1)地下水対策 / (2)乗り入れ構台 / (3)切梁・地盤アンカー
(4)計測 / (5)その他

※資料は講習会会場で配布致します。 (内容は多少変更する場合があります)

 「非住宅木造建築物への地域材利用」講習会のご案内 

開催日:7月21日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会 (公財)建築技術普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 32人

 日頃より、当協会の事業活動にご協力とご理解を賜り、厚くお礼を申し上げます。
現在は「公共建築物等の木材利用促進法」が2010年に施行され、低層の公共建築物等は積極的に木造化、それ以外の建築物は木質化を図ることになりましたが、非住宅という新たな市場での木材に対する不安や誤解から、なかなか進んでいないのが現状です。
今回の講習会は、高校や大学で学ぶ機会の少ない木材について、様々な観点から実務に生かせる知見を蓄え、皆様のスキルアップのお役に立つことを目的に企画いたしました。是非この機会に多くの皆様から受講申込み下さいますようお願い申し上げます。

日時 7月21日(金) 午後1時30分~4時40分(受付 12時30分より)
会場 メルパルク京都 6階 会議室6号
京都市下京区東洞院通七条下ル 東塩小路町676-13 (JR京都駅 3分)
電話075-352-7444
>>アクセスはコチラ (メルパルクホームページ)
定員 30人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 会員 4,500円
建築積算士 5,000円
一般受講者 6,000円
講師 原田 浩司 氏
講習内容 ・知っておくと、なるほど「樹木の生長」
・使うなら知っておきたい「木質建材の企画とエチケット」
・今話題の「CLT」「耐火木造」
・安くできる?「地域木材を使った非住宅木造」
・なぜ今?「公共建築物等木材利用促進」
*講習会資料は会場で配布致します (内容に関しては多少変更することが有ります)

「越井木材工業株式会社の見学会とセミナー」のご案内 

開催日:9月29日
【CPD認定プログラム】BSIJ-CPD(継続能力開発)制度・建築士会のCPD認定

参加人数 35人

 (公社)日本建築積算協会関西支部 会員委員会から工場見学会のお知らせをいたします。
今回は「越井木材工業株式会社」の見学会とセミナーを企画致しました。
越井木材工業株式会社の創業は江戸時代に遡るとのことですが、防腐処理の技術により社業を発展させてきました。昭和40年に現在の住之江区平林北に移転後、各国メ-カ-との技術提携により、防腐、防虫、難燃合板等の製造・販売を進めてきました。平成5年には耐久性の高い新木質材料マクセラムPLを景観施設用木材として開発し、製造・販売を開始。平成18年には日本初の国産サ-モウッド「コシイ・スーパーサーモ」の製造・販売開始。平成22年には国産材を活用したヒ-トアイランド対策協議会を創立し事務局として活動。
平成22年に公共建築物等における木材利用の促進に関する法律が施行後、庁舎等の木質化が進められています。 そこでウッドエンジニアリングに欠かせない不燃・準不燃・難燃木材についての基礎知識の習得のためのセミナと実際の製造工程を見学することを企画しました。

日時 9月29日(金)13:30~16:30(現地集合、現地解散)
見学場所 越井木材工業株式会社
大阪市住之江区平林北1-2-158 電話06-6685-2064
定員 30名(申込先着順締切り)
参加定員30名満員となりました、お申込みいただきありがとうございました。
参加費用 無料
注意事項 サンダル履き等安全上不安のある服装でのご見学はお控えください。その他申込時に御連絡致します。

「建築積算講習会」のご案内 

開催日:10月14日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会・(公財)建築技術教育普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 34人

建設コストはこの1~2年落ち着きを取り戻しつつあるものの、受注者の参加意欲は相変わらず決して高いものではなく、人的資源との兼ね合いで参加の可否を決める状況は依然として続いています。このような状況において発注者と受注者は極めて微妙な力関係にあるといえ、その中で適正な価格での発注と、納得のいく金額での契約とのバランスが最も重要となってきています。これらの建設コストに対する発注者・受注者双方が常々感じていることを実現する為には、高い精度の数量積算が欠かせません。
また昨年度から国土交通省発注工事にて導入された「入札時積算数量書活用方式」においても公開される数量はもとより、受注者側より異議を申し立てる場合にも公共建築数量積算基準に則った積算を行う必要があり、発注者・受注者ともに、この数量積算基準の理解と認識が重要になります。
そこで当協会では「積算技術をもう一度基礎から見直したい方」、「建築積算士試験や建築コスト管理士試験にチャレンジされる方」、「受注者として積算技術の向上を目指す方」を対象に、今年も講習会を開催することにいたしました。
建築積算士ガイドブックを使用し、当協会の経験豊富な専任講師による講義を受講していただくことで、ベテラン技術者から若手技術者まで幅広い立場の方々全てに有意義な講習会となります。
皆様奮ってご参加ください。

日時 10月14日(土)10時~17時まで(受付開始9時30分)
会場 アークホテル大阪 3階「楓の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 30人
受講料 積算協会 会員 5,000円
一 般 6,000円
(受講料にはテキスト代金を含んでいません)
講師 (公社)日本建築積算協会 関西支部 専任講師
テキスト 平成28年9月1日改定の「建築積算士ガイドブック」を使用いたします。(受講料にはテキスト代金を含んでいません)
講習会に参加の方には書籍代金を会員価格4,420円で販売いたします。
受講料に書籍代金4,420円を加算してお振り込みください。書籍は当日会場でお渡し致します。
既に改訂版のテキストをお持ちの方は当日「建築積算士ガイドブック」をご持参ください。

ホットな話「知っておくべき躯体材料」のご案内 

開催日:11月08日
積算協会CPD 1単位 建築技術教育普及センターCPD 1単位

参加人数 29人

謹啓 皆様には益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。 平素より積算協会の活動に御理解と協力を頂きましてありがたく厚く御礼申し上げます。
さて、今回は会員の皆様に『知っておくべき躯体材料』と題しフジモリ産業株式会社(賛助会員)様及び株式会社向山工場様から取扱いされている品目で、特徴ある製品について御紹介いただくこととなりました。
下記の通り皆様にご案内いたしますので、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

内容 Ⅰ.『知っておくべき躯体材料』
1.高強度せん断補強筋のメリット
2. 物流施設におけるPC製品のメリット
日時 平成29年11月8日(金) 18時30分~19時30分 
会場 アークホテル大阪 2階「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 30人
講師 フジモリ産業㈱、㈱向山工場
料金 会場整理費としてワンコイン500円を当日お預かりいたします。

「建築数量積算基準・同解説(平成29年版)講習会」のご案内 

開催日:11月17日
【CPD認定プログラム】建築CPD情報提供制度の認定プログラム

参加人数 63人

日頃より(公社)日本建築積算協会関西支部の活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
『建築数量積算基準』は、建築における工事価格を作成する上で基本となる数量を算出するための計測・計算方法を定めたもので重要な積算基準のひとつです。
今回はこの7月に6年ぶりに改訂された(平成29年版)テキストを使用し、改定された内容を含め解説を行うとともに、変更の無かった部分についても日常建築積算に携わる方々を対象に同解説の間違いやすい内容、忘れてはいけない問題点などを集中的に講習する内容にもなっております。
「官庁工事」はもとより「民間工事」におきましても基本となる「建築数量積算基準・同解説」の理解をより正確に深めていただくために是非ご参加をお願い致します。

日時 平成29年11月17日(金) 午後13時00分 ~ 17時00分  (受付 12時30分より)
会場 アークホテル大阪 2階「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 60人(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会 会員(コスト管理士) 5,000円
建築積算士 7,000円
一 般 8,000円
講師 (公社)日本建築積算協会 関西支部 専任講師
テキスト ・「建築数量積算基準・同解説(平成29年版)」をテキストとして使用致しますので、 同テキストをお持ちの方は当日ご持参下さい。
・テキストをお持ちでない方は上記受講料のほかにテキスト代金が別途必要となりますので、 受講料にテキスト代金 
会員3,888円 会員以外4,320円を加算してお振込下さい。
テキストは当日お渡し致します。

「GLP寝屋川プロジェクト」現場見学会のご案内 

開催日:11月28日

参加人数 39人

 このたび、『GLP寝屋川プロジェクト』現場見学会を開催いたします。
設計・施工は株式会社竹中工務店で工事が進められています。 建物の構造・規模は柱SRC、梁S造で、 地上 4階、建築面積、7,039.31m2、延床面積27,112.47m2、敷地面積13,328.01m2の倉庫です。 見学時は躯体工事の最盛期で、地上鉄骨工事及び外装工事を見学して頂けると思います。
この機会に多数ご参加下さいますようお願い致します。

日時 平成28年11月28日(火) 14時~16時
募集人数 定員 30名(申込先着順締切り)
参加費用 無料
集合場所 大阪府寝屋川市小路北町186-3(作業所事務所)
GLP寝屋川作業所事務所
Tel:072-811-0131
工事場所 大阪府寝屋川市小路南町9-4
注意事項 現場での写真撮影等は禁止となっていますので、ご了承ください。

【知のシリーズ】第四弾
「これだけは知っておきたい構造のこと~耐震・免震・制震~」のご案内 

開催日:平成29年12月5日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会・(公財)建築技術教育普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 67人

様々な自然災害と共存している日本。特に地震に対しては、建築基準法の見直しだけでなく、新製品の開発や新 技術の考案など、これまでに目覚ましい発展を遂げました。阪神大震災以降急速に普及し、東日本大震災では被 害の小ささから注目度も増した「免震・制震」など、大地震時の人命の確保、安全な事業継続を図るべく、日々様 々な構造設計・検討が行われています。

今回は、第一線で様々な外的要因に対する構造計画を検討されているプロをお招きし、地震の性質から、耐震・ 免震・制震の特徴、それぞれのコストや具体的な実例まで、幅広い生の情報をお聞きいただける機会を設けました 。

免震や制震に対する一般の方々の認知度も増しています。職能にかかわらず、建築に携わる者なら「これだけは 知っておきたい構造のこと」。積算技術だけでなく、見聞を広める【知のシリーズ】に、ぜひご参加下さい。

日時 平成29年12月5日(火) 午後1時30分~4時30分 (受付 1時より)
会場 アークホテル大阪「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 60人 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
受講料 積算協会 会員 4,000円
建築積算士 5,000円
一 般 6,000円
講師  吉田 聡 氏 (株)日建設計 エンジニアリング部門構造設計グループ 主管
講習内容 1.地震をまなぶ
(1)マグニチュードと震度について再確認 / (2)海溝型地震と内陸直下型地震 / (3)地震動の特性を決める3要素
(4)震源では何が起こっているか / (5)観測地震波の読み方
2.耐震・免震・制震
(1)地震災害と建物の耐震化の歴史 / (2)耐震診断・耐震補強の歴史 / (3)耐震構造の特徴
(4)免震構造の特徴 / (5)制震構造の特徴 / (6)耐震・免震・制震に適した建物 / (7)歩掛数量、コスト
3.設計事例紹介
(1)耐震建物事例 / (2)免震建物事例 / (3)制震建物事例 / (4)耐震補強事例
※資料は講習会会場で配布致します。 (内容は多少変更する場合があります)

「建築積算講習会」のご案内 

開催日:平成30年1月13・20日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会・(公財)建築技術教育普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 46人

今年度も積算協会関西支部では積算技術の向上を目的とした「建築積算実技講習会」を開催する運びとなりました。
積算技術を習得中の方々を始め、更に積算技術の向上を目指しておられる方、また平成30年1月28日(日)に実施される建築積算 士二次試験を受験される方にとっても大変役に立つ講習会になっています。
講習は、建築積算士二次試験の過去問題を使用し、積算協会関西支部の専任講師による問題の解説と、間違えやすいポイント等を指摘しながら2日間対話型実技形式で行う、より実践的な講習会です。
是非この機会に実技講習会を受講し、技術の向上や二次試験対策の一助にしていただければと考えております。また、普段積算業務をされていない方でも解りやすい講習になっていますので皆様奮ってご参加ください。

日時 (第1日目) 平成30年1月13日(土) 10時~17時まで (受付開始9時30分)
(第2日目) 平成30年1月20日(土) 10時~17時まで (受付開始9時30分)
会場 アークホテル大阪「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
受講料 積算協会 会員 11,000円
一 般 13,000円
講師 (公社)日本建築積算協会 関西支部 専任講師
テキスト 講習会には、「建築積算士ガイドブック」を使いますので、当日ご持参ください。
書籍をお持ちでない方は、会員価格(積算士GB 4,420円)で販売いたしますので、受講申し込み時に図書希望に○印を付けて申し込みいただき、受講料に加算してお振込みください。テキストは当日会場でお渡しいたします。
※ 積算士補の方は上記受講料の半額、書籍は4,110円となります。
(建築積算士補登録証をご提示ください。当日ご提示いただけない方は通常料金となります。)

「建築屋さんのための見積落ち防止の手引き」講習会のご案内 

開催日:平成30年1月24日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会・(公財)建築技術教育普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 67人

平素は当協会の活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。 さて、このたび当協会も様々な所で活動をともにさせていただいている(一社)日本建設業連合会関西支部にお いて「建築屋さんのための見積落ち防止の手引き」テキストを発行されました。
このテキストは当協会でも講習会を開催した「建築屋さんのための積算チェックの着眼点」をさらに掘り進め、実 際の見積落ち事例を工事科目ごとに3つの章に分け、写真やイラストを用いわかりやく解説したものです。
今回はこのテキストを使用し、見積落ちの無い精度の高い見積書を作成するために必要な知識を身に付けるた めには絶好な講習会となっています。
若手・中堅見積担当者を始め、多くの皆様の参加をお待ちしています。

日時 平成30年1月24日(水)午後1時30分~4時30分 (受付 1時より)
会場 アークホテル大阪「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
定員 50人満席となりました。ありがとうございました。
受講料 積算協会会員・建築積算士・日建連会員 3,000円 
一般 4,000円
(各々テキスト代を含む)
講師 浦西 寿徳氏   株式会社竹中工務店 大阪本店見積部 プロジェクト対応グループ部長
小野 寿幸氏   清水建設株式会社 関西支店見積部 主査
北野 明男氏   株式会社銭高組 大阪支社建築統括部建築工務部 積算課長
西河 茂氏  株式会社大林組 大阪本店建築事業部見積第一部 副部長
講習内容 第1章「見積落ち」とは
第2章土工事・杭地業工事・躯体工事
根切り土現場仮置き数量の見込み過ぎ/生コンクリート混和剤の見積落ち/他
第3章鉄骨工事・耐火被覆工事・PC工事
外壁仕上材取付け用下地鉄骨の見積落ち/プレキャストコンクリートの取付け金物の見積落ち/他
第4章仕上工事・外構工事・改修工事・解体工事
外壁ALC縦壁時の開口補強鋼材の見積落ち/解体工事における設備関連事項の見積落ち/他

「建築プロジェクトにおけるコストマネジメントと概算 講習会」のご案内 

開催日:平成30年2月15日
【CPD認定プログラム】(公社)日本建築積算協会・(公社)日本建築士会連合会・(公財)建築技術教育普及センター(CPD情報提供制度)

参加人数 42人

 建設現場の作業員不足に端を発した工事費の高騰と労務資材不足による建設の遅れは、公共・民間を問わず社会経済への影響を大きくしています。特にプロジェクト予算と工事費のかい離は、入札不調や建設計画延期といった状況を多く生み出しています。しかしこのような時代だからこそ、プロジェクトの初期から適切なコストコントロールを実施し、設計段階における予算と工事費の整合性を図っていく適切なコストマネジメントが必要になります。激しい変化に対応する実勢価格の把握と適切な工事費の算定は重要なことですが、設計内容が予算と整合していなければ、そのような努力も適正な工事発注に結びついてはいきません。工事予算の策定段階から各設計段階を通じて、設計内容と工事費についての整合性を検証していくきめ細かいコストコントロールがプロジェクトを成功に導く鍵となります。
テキスト「建築プロジェクトにおけるコストマネジメントと概算」は、積算協会がコストマネジメントとその重要なツールである建築および設備の概算手法について、プロの目で実用性を追求し、我が国初の「体系的な基準」としてまとめ上げたものです。
コストに携わる技術者の皆様はもとより、建設マネジメントや設計に携わる皆様方にも、この機会を活用して知識・技術を習得され、皆様方のプロジェクトを成功に導かれますよう、ここにご案内申し上げます。

日時 平成30年2月15日(木) 13時~17時まで (受付開始12時30分)
会場 アークホテル大阪「孔雀の間」
大阪市中央区島之内1-19-18 電話06-6252-5194 
>>アクセスはコチラ (アークホテル大阪ホームページ)
受講料 積算協会会員(コスト管理士) 5,000円
建築積算士 7,000円
一 般 8,000円
講師 株式会社 日積サーベイ 代表取締役 生島 宣幸氏
テキスト  「建築プロジェクトにおけるコストマネジメントと概算」 3,390円(会員価格)
書籍内容について、ホームページからご案内いたします。下記のアドレスからご確認ください。
http://www.bsij.or.jp/reporting/mokuji_kenchikuprojyect.pdf
受講料にはテキスト代は含まれまていません。別途有償となりますので受講料に加算してお振込みください。